RICOH THETA SC2のレビュー!360度カメラデビューにおすすめのポイント解説

RICOH THETA

こんな人におすすめ!

・360度カメラデビューしたい人

・いつもと違う写真に挑戦したい人

・風景を撮るのが好き、自撮りが好きな人

近年、じわじわと人気を集めている360度カメラ。

「使ってみたいけど、使いこなすのが難しそう」「いろんなメーカーがあって、どれがおすすめか分からない」

そんな思いを抱えている人におすすめしたいのが「RICOH THETA」シリーズ。とくに、初心者向けに作られた「RICOH THETA SC2」は、操作もとても簡単で、高画質での撮影ができるんです!

RICOH THETA

このページでは、実際に「RICOH THETA SC2」を使用して撮影した画像や、使い心地について紹介します。

360度カメラがどんなものなのか知りたい人、購入するか迷っている人、必見です!

RICOH THETA SC2 で撮影してみた

百聞は一見にしかず。まずは実際にどんな写真が撮影できるのか確認しましょう。

今回使用したのは「RICOH THETA SC2」というカメラです。

▼詳細はこちらから▼

RICOH THETA

RICOH THETA SC2 で撮った写真

RICOH THETA

奈良県桜井市にある長谷寺にて撮影。

少し散っていましたが、紅葉に囲まれるイメージで撮影してみました。

RICOH THETA

同じく長谷寺にて。

花と自分と青空を一緒に写せるのは、360度カメラならではですね。

RICOH THETA SC2 の動画

撮影した写真は、専用サイトから360度確認ができます。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

RICOH THETA SC2 の特徴

ここからは、はじめての360度カメラとして人気の「THETA SC2」の特徴とおすすめポイントを紹介します。

手のひらサイズで軽量

RICOH THETA

まずはなんといっても、持ち運びに便利なサイズであること。

上の写真の通り、手のひらに収まるサイズで、重さは約104gとかなりの軽量です。

MEMO
iPhone12は約164gなので、それよりも軽量!

ポケットにも入れておけるので、旅行にもちょっとしたお出かけにも邪魔にならないのは、嬉しいポイントですね。

カラーは4色

RICOH THETA

カラーバリエーションは全4色。ピンク、ブルー、ベージュ、ホワイトから選ぶことができます。

ツヤのある明るい色味で、ネイルをモチーフにデザインされているそう。

高画質&撮影シーンを選択可能

「軽量で小型なぶん、画質が悪かったりしないの?」という疑問もあるかもしれませんが、THETA SC2は自然かつ高品質な360度撮影が可能です。

また、撮影シーンに合わせたプリセット機能も搭載されていて、

・顔モード

・夜景モード

・車窓モード

の3種類から、撮影時のシチュエーションに合わせて選ぶことができます。

・顔モード→顔を美肌に見せてくれるモード。自撮り、人物撮影時に使うと、ノイズを防ぎながら明るく補正してくれる。

 

・夜景モード→暗い場所で使うモード。暗いところを明るく補正する(三脚使用が前提)。

 

・車窓モード→乗り物の中など、明暗差の大きい場所で使うモード。光の量を調整して、白飛びや黒つぶれを防ぐ。

それぞれの特徴は上記の通り。本体側面のボタン操作のみでモード変更が可能です。

スマホで撮影・転送も可能

THETA SC2は、専用アプリを使用することでスマホから撮影をしたり、スマホへの画像の転送も簡単におこなえます。

【RICOH THETA】

 

・iOSはAppleStoreより

 

・AndroidはGoogle Playより

画像を確認しながら撮影する場合や、撮ったその場でSNSなどにアップロードしたい場合、この専用アプリを使うと便利です。

また、THETA で撮影した画像専用の編集アプリ「THETA+」を使うと、写真や動画の加工も可能です。

【THETA+】

 

・iOSはAppleStoreより

 

・AndroidはGoogle Playより

自撮り棒があるとより便利

THETA SC2には専用の自撮り棒や三脚などのアクセサリーもたくさんあります。

わたしが今回使用したのは「RICOH THETA Stick TM-3」という自撮り棒。

RICOH THETA

たたんだ大きさはこれくらい(約18cm)。最長で約42cmまで伸ばすことができます。

この自撮り棒を使用することで、自分の指が大きく映り込むことなく撮影が可能です。

重さは約80gで、女性でも写真をぶれさせることなく持てるコンパクトな自撮り棒となっています。

注意
スティック自体にシャッター機能はないので、スマホとの接続が必須になります!

自撮り棒やスタンドは、TM-3以外にも、

・TM-1→自立できる一脚スタンド。150cmまで伸ばせる。詳細は「RICOHストア」でチェック!

・TM-2→TM-3のロングタイプ。約83cmまで伸ばせる。

いろんな種類があるので、目的に合ったものを探してみてくださいね。

360度カメラという新しい体験を!

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

RICOH THETA SC2のレビューと、そのおすすめポイントについて紹介しました。

興味はあるけど、どれを使ってみるべきか迷っているなら、ぜひRICOH THETA SC2を使ってみませんか。

初心者にもやさしい操作性と、気軽に持ち運べる利便性、高画質な機能性までそろっています。

普段の撮影に飽きたら、ぜひ360度の世界を体験してみてくださいね。

▼今すぐ詳細をチェック!▼

RICOH THETA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

360度カメラの世界を体験してみよう!
詳細はこちら
360度カメラを体験しよう!
詳細はこちら