無料アプリ『Snapseed』でインスタ映え写真に加工する方法

instagram

 

前回、機能の充実性が魅力なSnapSeed(スナップシード)の使い方についてご紹介しました。

写真加工アプリ『Snapseed』の使い方。その魅力は機能の多さ!

2017.12.14

今回はそんなスナップシードを使って、実際にどうやって加工するのかをご紹介していきます。

 

どのツールを使えばいいのかわからない!

数値ってどれくらい動かすの?

そんな疑問をお持ちの方へ、4パターンの加工をご紹介しますので、自分の好きな色味があればぜひ真似をしてみてくださいね。

 

「白」で統一する加工

 

インスタグラムでよく見かける「白」で統一されたギャラリー。

洗練されていて、とってもおしゃれな感じがしますよね。

インスタグラムのページのイメージとしてこんな感じです。

sp3

これを目指して加工をしていきます。

まずは加工前の写真ですが…

sp1

全体的に暗いですね。そしてとくに腕の部分、影が目立ちます。

そこで明るく、影が目立たないように加工をしていきます。

使ったツールはこちら

画像調整⇒明るさ+78、彩度-8、ハイライト+76、色温度-13

ブラシ ⇒明るさ+10で腕と指の影を消す、明るさ+5で壁全体を明るくする

最終的にこうなりました。

sp4

影がなくなり、全体的に明るく「白」っぽさが目立つ写真になりました。

「白」を強調するためにおさえてほしいポイント

・「明るさ」はやりすぎかなと思うくらいまで上げる

・「彩度」と「色温度」はマイナスにして黄ばみを落とす

・「ハイライト」で白さをプラスする

・影になっている部分は「ブラシ」をつかって明るくする

 

「カラフル」ではっきりした色合いにする加工

 

続いては、はっきりした色合いでギャラリーを統一したい方におすすめの加工をご紹介します。

とくに風景写真や紅葉の写真などに使うと、色味が鮮やかな写真に仕上がります。

インスタグラムのイメージはこんな感じ。

sp5

ではさっそく加工していきましょう。

まずは加工前の写真です。

sp6

少しくすんで見えるうえに、このままだとせっかくの紅葉が目立ちません。

赤と緑のコントラストをはっきりさせて、赤い紅葉が映える写真にしたいと思います。

使ったツールはこちら

画像調整⇒明るさ-24、コントラスト+59、彩度+92、シャドウ-13

完成形がこちら。

sp7

苔のみどりと、紅葉の赤のコントラストがはっきりして、鮮やかな写真になりました。

「カラフル」な写真にするためのポイント

・「コントラスト」を上げて、色にメリハリを出す

・「明るさ」はマイナスかそのままにすることで、鮮やかな色が出るようにする

・「彩度」を上げて色をはっきりさせる

・「シャドウ」を下げることであえて影を作り、よりくっきりした印象にする

 

「ヴィンテージ風」にする加工

 

つづいては、レトロで落ち着いた色合いの「ヴィンテージ風」にする加工をご紹介します。

インスタグラムのイメージはこんな感じ。

sp9

木や葉っぱなど、暖かみがあると素敵なものに加工するのがおすすめです。

さっそくやり方をご紹介します。

まずは加工前の写真。

sp8

このままでも悪くはありませんが、加工をして雰囲気のある写真にしましょう。

使ったツールはこちら

画像調整⇒コントラスト+32、彩度-40、シャドウ-27、色温度+71

加工後がこちら。

sp10

ぐっと秋らしい、落ち着いた雰囲気の写真になりました。

また、スナップシードのツールには「ヴィンテージ」という項目もあるので、それで加工してもかまいません。

ヴィンテージだけでも12スタイルあるので、気になる方は試してみてください。

「ヴィンテージ風」に加工するポイント

・「コントラスト」を上げて影を出す
・「彩度」を下げることでレトロ感がでる

・少し暗くするために「シャドウ」を下げる(「ハイライト」だと全体的に暗くなるため「シャドウ」を使用)

・暖色(赤とか黄色)がある場合には、その色を目立たせて暖かみを出したいので「色温度」を上げる

 

ちょっとぼかして光沢のある写真に加工

 

最後にご紹介するのは女子受けのよさそうな「グロー」を使った加工です。

みていただければわかると思いますが、全体が少しぼけたような、光っているような印象になる加工です。

sp11

こちらはツールの「グロー」を使うだけなので、誰でもすぐに簡単に加工することができます。

加工前の写真がこちら。

sp12

これに「グロー」の加工をしていきます。

使ったツールはこちら

グラマーグロー⇒3、グロー+100、彩度+65

加工後はこちら。

sp13

キラキラした感じで、女子っぽい写真に仕上がりました。

 

いろんな加工をマスターしてインスタ映えを目指そう!

 

・「白」で統一する加工

・「カラフル」ではっきりとした色合いにする加工

・「ヴィンテージ風」の加工

・ぼかしと光沢を入れた加工

以上、4パターンの加工法をご紹介しました。

お好みの加工はありましたでしょうか。

いろんな加工をマスターすることで、表現の幅が広がり、写真も活きてくると思います。

ぜひ参考にしていただいて、写真の加工を楽しんでくださいね!

なお、以下のページでSnapseed以外のアプリも紹介しています。

ぜひこちらも参考にご覧ください!

【保存版】写真加工におすすめの無料スマホアプリ4選!

2018.04.29

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。