二重露出を使ってみよう!【スナップシード(Snapseed)の使い方】

Snapseed

無料で使える写真加工アプリ、スナップシード(Snapseed)の使い方を解説。

このページでは、使えると楽しいツール、二重露出の使い方を、実際に写真に加工しながら紹介します。

・二重露出って何?

・二重露出の使い方がわからない

・今までやったことのない加工をしてみたい!

そう思っている方、ぜひ最後までご覧ください。

なお、スナップシードの他のツールの使い方を知りたい場合は「スナップシードの全ツールを徹底解説!28種類のツールの使い方を学ぼう!【Snapseedの使い方】」のページでくわしく解説しています。

スナップシードの二重露出

二重露出とは?

二重露出

二重露出とは、写真を2枚重ねて合成する加工方法です。

上の写真は、イルミネーションの前に立っているカップルの写真と、玉ボケの写真を重ねました。

ほかにも、気球の写真と虹の写真を合成すると、こんな感じになります。

snapseed

ふたつの写真を組み合わせることで、アート風の写真に仕上げることができます。

二重露出の使い方

ではさっそく、スナップシードの二重露出の使い方を確認しましょう。

今回は、この2枚で二重露出をやってみます!

Snapseed

 

まずはツール二重露出を開きます。

snapseed

①では、重ねる写真を選ぶことができます。

③の水玉のようなマークを押すと、重ねた写真の透明度を変更できます。

②では、どのように写真を重ねるかを選択できます。

全部で6種類あるので、それぞれ特徴を解説します。

スナップシードの二重露出の種類

デフォルト

Snapseed

これがデフォルトの状態。

元の写真(夕焼け写真)の上に、重ねた写真(ツバキの写真)が半透明の状態でのっかっています。

明るく

Snapseed

「明るく」を選択すると、デフォルトよりも重ねた写真が明るくなり、目立つようになりました。

暗く

Snapseed

「暗く」を選択すると、重ねた写真が暗くなり、元の写真がよりはっきり見えるようになりました。

重ねた写真の明るい部分(上の例ではツバキの花の部分)が透けて、背景を透過します。

加算

Snapseed

「加算」では、「明るく」よりも重ねた写真がさらに明るく目立つようになります。

かなり明るさが足されるので、元の写真の明るい部分(夕日)は完全に白飛びしています。

減算

Snapseed

「減算」では、「暗く」よりも重ねた写真が暗くなり、元の写真が目立ちます。

「暗く」よりは、重ねた写真がはっきりするのが特徴です。

オーバーレイ

Snapseed

「オーバーレイ」では、明るいところは明るく、暗いところは暗くなります。

「デフォルト」のようなもやもや感はなく、元の写真の暗いところ(木の部分)がはっきりしています。

「デフォルト」では写真が乗っかっている感じでしたが、「オーバーレイ」では重なり合っている感じです。

二重露出を楽しもう!

二重露出

シルエット×夕焼けの二重露出

スナップシードの二重露出の使い方について解説しました。

慣れるまでは、どうしたらうまく重ねられるか、難しい機能ではありますが、使いこなせれば写真の表現の幅が広がるはずです!

ぜひ試してみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カメラを売りたい人必見!業界トップクラスの買取価格です!
カメラ買取アローズ
カメラを売りたい人必見!
買取はアローズ