Snapmart(スナップマート)の登録と使い方。自分で撮った写真が売れる最強アプリ

how-to-snapmart

※2018.10更新

自分で撮った写真、SNSにアップしてイイネ!もらって終わり、なんてつまらない!

自分で撮った写真を売って、お小遣い稼ぎをしたい!

そう思っている方におすすめしたいのが、「Snapmart(スナップマート)」というサービスです。

なんとこのサービス、自分で撮った写真を1枚から販売することができるのです!

このページでは、そんなスナップマートの使い方と写真が売れるコツをご紹介します。

スマホから販売できるのでちょっとしたお小遣い稼ぎにはうってつけで、カメラ初心者やスマホでしか写真を撮らない方でも気軽に参加できますので、ぜひ最後まで読んで登録してみてくださいね。

 

なお、使い方より売れるコツが知りたい!という方はこちらの記事を参考にご覧ください。

Snapmart(スナップマート)で写真が売れる3つのコツ!「売れない」から脱却しよう

2017.12.05

スナップマートの登録と基本設定

1.スナップマートのアプリをダウンロードして登録

まずはスナップマートのアプリをダウンロードして登録をしましょう。

登録は画面に従って進めばすぐにできますので、ここでは説明を省略します。

登録が完了したらプロフィールを入力します。

注意
自己紹介はあとからでも編集できますが、ユーザー名は変更できませんのでご注意ください。

2.本人確認書類を提出する

プロフィールの入力が完了したら、管理画面より本人確認書類を提出します。

この書類を提出することで、写真の購入率が大幅にアップしますので忘れずに行いましょう。

提出できる書類は運転免許証やパスポートなどがありますので、自分の所持しているものから選んで、写真を撮ってアップロードするだけです。

だいたい3日前後で承認されますが、忘れないよう早めに提出することをおすすめします。

3.連絡先・振込先口座の設定

管理画面⇒設定⇒アカウント設定より、連絡先と振込先口座の登録をします。

スナップマートの報酬率と支払いの仕組み

報酬率は登録者のレベルによって変化する

スナップマートは、たくさん出品して写真が売れれば売れるほど、もらえる金額が大きくなるシステムです。

sm10

 

このように登録者のレベルによって報酬率が変化します。

レベルを上げるにはメダルを集める必要があり、メダルは写真の出品枚数や販売枚数が増えることなどによって獲得することができます。

自分が獲得したメダルは管理画面の「獲得メダル」ページで確認できます。

medal

売上金の払い出しには手数料が必要

売り上げた金額を登録した銀行口座に払い出しするには、200円の手数料がかかります。

そのため売上金が201円を超えなければ払い出しすることができません。

注意
また、売上金の振り込み申請期限は売上日から3年となっていますので、こちらもお忘れなく!

モデルリリースを獲得すると報酬率がアップ

顔がはっきりとわかる写真を販売するときには、モデルになった人物の「この写真の販売を許可します」という意思表示が必要となります。

これをモデルリリースといい、モデルリリースを獲得した写真は報酬率が25%アップします。

実際、モデルリリースを獲得したものほどよく購入されるそうです。

詳しい取得方法は管理画面⇒はじめてガイド⇒モデルリリースについてをご覧下さい。

スナップマートで写真を出品する方法

写真選択からアップロードまで

基本的な仕組みがわかったら、さっそく写真を出品してみましょう。

▼アプリを開いて、中央下にある出品ボタンを押します。

sm1

▼そうすると写真選択の画面になるので、自分のスマホに入っている写真から出品したい写真を選びます。

一度に10枚まで選択可能です。

sm9

▼写真を選択したら次へを押すと、ルール確認の画面になります。

sm2

▼これにチェックを入れて出品するボタンを押すと、アップロードが始まります。

sm3

OKボタンを押すと、アップロードが完了します。

写真の詳細情報を編集

▼OKを押すと、写真の管理画面になります。

sm4

▼そこで今アップロードした写真(出品準備中となっている写真)の編集ボタンを押します。

sm5

検索キーワード、タイトルなどの入力画面になります。

タイトルは自動的に付けられていますが、この「木の枝にとまった鳥」のように、写真の内容とは少しずれたものになることが多いので、自分で入力しなおしましょう(現在自動タイトルの精度を改善中だそうです)

検索キーワードとは、インスタグラムでいうハッシュタグのようなものです。

このキーワードの数が多いほど検索にひっかかりやすくなるので、少なくとも5つは設定するようにしましょう。

コメント欄には、撮影場所などを載せる人が多いです。

sm6

▼上半分が入力できたら、スクロールして人物確認、位置情報の欄を入力します。

sm7

全て入力ができたら保存するボタンを押します。

sm8

写真の出品準備中の文字が消えれば完了です。

検索キーワードの追加やタイトルの変更などは、管理画面⇒出品管理から編集できます。

コンテストに参加して入選すると賞金がもらえる

通常の販売よりも多額の賞金がもらえるチャンス!

スナップマートで報酬を得るには、通常の写真出品のほかに、コンテストに参加することで賞金をゲットすることもできます。

コンテストのテーマは季節にあったもの(桜・砂浜・紅葉・雪など)や、「イケメン」「笑顔」「ダイエット」「メイク」など様々です。

また、いろんな企業が自社の宣伝に使いたい写真をコンテストで募集する場合もあります。

過去にはゼクシーやアスタリフト、ネスレ、ルンバの会社など大手企業もコンテストを開催しています。

誰でも自由に参加できるので、ぜひ参加してみてください。

わたしも一枚だけ受賞したことがあり、1080円いただきました。

sm-contest

似たような写真でも、少し表情や物の位置がちがうだけでも受賞する可能性があります。

通常の出品で販売するよりも多くの金額をいただけるので、ダメ元で参加してみましょう!

コンテスト参加時はルールをよく読もう!

コンテストに参加するときには「応募条件」をしっかり読んでから参加しましょう。

sm11

指定のタグがあったり、コメント欄に入力しなければならない情報があったりします。

これを漏らすと、っかく素敵な写真であっても受賞できない場合がありますので注意が必要です。

スナップマートアプリの画面の見方

ここで、アプリを開いたときの画面の見方について簡単に説明しておきます。

▼アプリを開くと、コンテスト画面が出てきます。

sm1

この画面の一番下に並んでいる王冠から人物のアイコンまで、それぞれの役割などについてご紹介します。

1.コンテスト画面

王冠マークの部分は、コンテストの一覧となっています。

新着一覧、人気のコンテスト一覧(HOT)、過去に開催していたコンテスト一覧を見ることができます。

2.検索・人気写真など

星マークの画面では、キーワード検索をして自分の見たい写真が探せたり、人気の写真、売れている写真などを確認することができます。

MEMO
この「売れ筋のカテゴリ」から直接投稿すると、購入者の目につきやすく、購入率が上がるかも・・・!

3.お知らせ一覧

ベルマークの画面では、自分の写真に♡が付いたり、売れたりしたときのお知らせを見ることができます。

また、運営からのお知らせ、人気ユーザーランキングなども届きます。

4.管理画面

一番右端の人物マークを開くと、自分のプロフィールの確認・編集、売り上げ確認、お問い合わせなどを見ることができます。

はじめての方向けに「はじめてガイド」も載っているので、ぜひ確認してください。

スナップマートを使いこなしてお小遣いを稼いじゃおう!

初心者でも手軽に写真の販売ができるスナップマートの使い方をご紹介しました。

自分の撮った写真が企業のホームページなどに使われているのを見ると、すごく嬉しくなります。

本格的な写真コンテストよりも、気軽にスマホから参加できるので自分の写真を見てもらえる機会も増えるはずです。

スナップマートを使いこなして、ちょっとしたお小遣いを手に入れましょう!

なお、スナップマートで写真が売れるコツは別の記事に書いていますので、こちらもぜひお読みください!

Snapmart(スナップマート)で写真が売れる3つのコツ!「売れない」から脱却しよう

2017.12.05

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。