MENU

スポンサーリンク

額縁構図とは?【写真の構図を学ぼう】

額縁構図の効果と写真例

写真の中にさらに写真があるような、額縁になるものの中に被写体を置く、額縁構図。

このページでは、そんな額縁構図の効果と、撮るときのポイントについて実際の写真を使って解説します。

なお、他の構図について知りたい人は、「【初心者向け】写真の構図をマスターしよう!基本から応用まで9種類の構図を紹介」のページをご覧ください。

額縁構図とは

写真の額縁構図の説明

額縁構図とは、写真の中にさらに枠を作り、まるで額縁で囲んでいるかのような写真に仕上げる構図のこと。

よく見るのが、下の写真のように、寺院の窓を額縁に見立てた写真。

額縁構図

ta_ke6さんによる写真ACからの写真

暗い室内から明るい屋外を撮影することで、まるで額縁の中に写真があるような印象になります。

額縁構図の写真例

壁や窓などを額に見立て、写真の中に写真をつくる、額縁構図。

寺院の窓の写真がよく撮影されていますが、窓以外にも額縁になるものはたくさんあります。

夜景とスマートフォンの写真

たとえば、スマホの画面。

スマホ以外でも、ポラロイドやチェキなどの写真を一緒に写すのも額縁構図。

 

額縁構図

建物の壁や、寺院の柱は撮りやすいですよね。

うまく取り入れれば、奥行きと立体感が出ます。

額縁構図

周りが暗い必要はありません。何かに囲まれていればOK。

 

額縁構図

金網、フェンスなども工夫すれば額縁になります。

 

額縁構図

喫茶店の窓。模様が可愛かったので、周りは暗くシルエットにして目立たせました。

 

京都の南禅寺

上の写真のように、周りが四角や丸である必要はありません。

木が額縁の代わりになっています。

額縁構図を試してみよう!

教会

額縁構図について、写真とともに紹介しました。

とくに、日本の寺院などは撮りやすい構図なので、額縁になるものを見つけて試してみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。