【基本】4つの構図を意識してバランスの良い写真に仕上げよう!

kozu

 

わたしが初めて一眼レフで撮影をしたときには、データフォルダに並んでいるのはバランスの悪い写真ばかりでした。

の位置から、どれくらいの範囲を写せばいいのかなんて分っていなかったので全てが自己流でした。

 

今回は一眼レフ初心者だった頃のわたしと同じく「バランスの悪い写真」ばかり増えていかないように、バランスの良い写真を撮るために考えたい構図について説明していきます。

「構図」とは?

 

構図とは、撮りたいもののどこからどこまでを写真に収めるかを決めることです。

例えば、横一列に並んでいる料理を撮影するとします。

その場合、メインとして撮りたい料理を真ん中に入れるのか、あえて右にずらすのか、その料理だけを画面いっぱいにアップにして撮影するのか…

このように、画面の中でどこに撮りたいものを持ってくるかを考えながら撮影するだけで、ぐっと雰囲気の出る写真に仕上がります。

 

この構図にはいくつか種類があるので有名なものを4つご紹介します。

撮りたいものを中央に持ってくる「日の丸構図」

 

日の丸構図とは、メインの被写体を写真の中央に置いて撮影する構図です。

言葉で説明するより写真の方が分りやすいと思うので何枚かご紹介します。

 

↑ 典型的な日の丸構図です。

写真の中央に撮りたいものが来ています。

 

↑ 縦の場合も同じです。

この「日の丸構図」は写真を撮る上で最もオーソドックスな構図なので、初心者の方でもバランスよく撮ることができます。

ただし、誰でも撮影しやすい構図なので面白みのない写真に仕上がるという欠点もあります。少し撮影になれてきたら他の構図を意識して撮影することをおすすめします。

斜めの線を意識する「対角線構図」

 

 

対角線構図とは、写真の対角線上に撮りたいものを持ってくる構図です。

こちらも写真で紹介します。

 

↑ 右下から左上に向かって塀が伸びています。

↑ こちらは左下にベンチ、右上に道を持ってくることで奥行き感を出しています。

 

このように奥行きを出したいとき、同じものがたくさん並んでいるときには対角線を意識して撮影するだけで雰囲気の出る写真にすることが出来ます。

初心者の方でも取り入れやすい構図だと思いますので、どんどんチャレンジしてみて下さい。

 

プロっぽい写真に近づく「三分割法」

 

三分割法とは、写真の縦横を3等分して交わる部分、つまり上の図の赤丸の部分に撮りたいものを配置する方法です。

実際に写真を見てみましょう。

↑ 右上の赤丸に撮りたいものを置きました。余白が多くても雰囲気が出ます。

 

↑ 右の2つの赤丸に撮りたいものを置きました。このように赤丸を2つ使うのも有効です。

 

↑ 下2つの赤丸に山を合せて空を多くしました。

 

このように、4つの赤丸を意識するだけでバランスの良い写真を自動的に撮ることができます。

なんかバランスが悪いな…と思ったときにはこの「三分割法」を使ってみてください。

 

上下・左右対称のシンメトリー構図

 

 

最後に紹介するのはシンメトリー構図です。

シンメトリーとは「対称」を意味する英語で、この構図は上下や左右が対称である写真のことを指します。

 

↑ つまりこういうことですね。この写真は左右対称になっています。

この構図も比較的撮りやすいですね。

構図をマスターしてバランスの良い写真を!

 

日の丸構図

対角線構図

三分割法

シンメトリー構図

以上4つの構図についてご紹介しました。

 

撮影になれてくればおのずと自分の好きな構図が出てくると思います。同じ被写体でも違う角度や構図で撮影するだけでぐっと雰囲気が変わってきますよ。

いろんな構図を試して好みを見つけてみてくださいね。

 

構図をマスターしたら、写真を撮る高さを決める「アングル」も考えて撮影してみてください。

「アングル」によって雰囲気が変わる!その被写体どこから撮る?

2017.09.12

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。