三分割法とは?【写真の構図を学ぼう】

三分割法

カメラ初心者がやりがちなのが、常に被写体を中央に置いてしまうこと。

何を撮るにも写真の中央に被写体をもってきてしまい、毎回同じような写真になってしまう・・・

そうならないためにも、写真の構図について学びましょう!

このページでは、どんな被写体でも相性ばっちりな「三分割法」という構図について説明します。

他の構図を知りたい場合は「【初心者向け】写真の構図をマスターしよう!基本から応用まで9種類の構図を紹介

」のページをご覧ください。

三分割法とは

写真の三分割法の説明

三分割法とは、写真の縦横を三分割して、重なるところ(赤丸)に被写体を置く構図のことです。

この三分割の線を意識して撮影することで、人間が見慣れている、見ていて安心する写真に仕上げることができます。

三分割法は、レイルマン比率という構図とよく似ています。

レイルマン比率

こちらは写真を縦に4分割して、対角線と交わった部分に被写体を置く構図です。

詳しくは「レイルマン比率とは?その効果と三分割法との違い【写真の構図を学ぼう】」というページで解説しているので、参考にご覧ください。

三分割法の効果

三分割法

三分割法を使うと、写真に安定感が生まれ、収まりがよくなります。

上の写真のように、被写体の比率を2:1にすると、人間の目にはバランス良くみえるようです。

また、縦の写真でも同じです。

三分割法

左側はテラスの手すりと屋根を基準に、右側ははしごを基準に。

バランスよく仕上がります。

線をなくすとこんな感じ。
はしごに上ってペンキを塗る男性

三分割法の写真例

三分割法で撮影した写真を何枚か載せます。

三分割法

ぶどうのケーキとブルーベリーのタルト

カフェ写真は、中央に置くのではなく、少しずらすだけで、おしゃれ感がアップします。

三分割法

クリスマスツリー

こちらのクリスマスツリーは、下に重心を持ってきて、上の1/3に余白を。

朝日に照らされている鹿

余白を多めにすることで、被写体が目立つだけでなく、写真に味が出ます。

波止場に腰掛けて、髪をなびかせる女性

ポートレートも三分割構図で。

被写体の視線が向いている方を広めにあけると、バランス良く仕上がります。

壁から飛び出している招き猫

ポートレートと同じで、視線の先を広く。

その先に何があるんだろうと、見る人の想像力を働かせてくれます。

関連記事>>>カメラ初心者でもプロっぽい写真が撮れる3つのポイント

三分割法で写真のレベルアップを!

カメラ初心者でも簡単に取り入れられる三分割法について紹介しました。

頭の中に線を描いて、いろんな構図で撮影してみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。