ISO感度・絞り・シャッタースピードの関係で写真の明るさが決まる!

ISO感度・絞り・シャッタースピードの関係

※2020.04更新

一眼レフやミラーレスカメラを買って、まずつまずくのが写真の明るさ調節。

どうしたら明るくなるのか、明るすぎるのをなおすにはどうしたらいいのか。

わからないことだらけ、そのうち撮影から遠のいてしまう・・・

なんてことがないように、カメラと写真の基礎になる「ISO感度・絞り(F値)・シャッタースピード」の3つの要素について、学んでいきましょう。

この3つの要素の関係性を理解すれば、どの設定を変えたらよいのかがすぐに分かるようになります!

ぜひ最後までご覧ください。

写真の明るさを決定する三大要素とは?

 

写真の明るさは

・ISO感度

・絞り

・シャッタースピード

の3つの要素の組み合わせで決定されます。

まずはそれぞれの要素にどんな役割があるのか、確認しましょう。

ISO感度とは?

iso

ISO感度とは、カメラが光を感じる度合いのこと。

この感度が低ければ写真は暗く、高ければ明るくなります。

ISO感度はおもに、写真の明るさを調整するときに使います。

関連記事>>>カメラのISO感度とは?その読み方と目安はどれくらい?

絞りとは?

f

絞りとは、ピントが合う幅のことを表します。

この値が大きいほどピントの合う範囲も大きくなり、小さいほどせまくなります。

絞りは写真のボケ感を出すために調節するものです。

関連記事>>>F値(絞り)とは?その目安と、ボケ感を出すにはどうしたらいいの?

シャッタースピードとは?

speed

シャッタースピードとは、カメラがシャッターを切るスピードのこと。

このスピードが速いほど写真は暗くなり、遅いほど明るくなります。

シャッタースピードは、動くものを止まってるように見せたり、逆に動いている様子を撮影するときなどに調整するものです。

関連記事>>>カメラのシャッタースピード(速度)とは?その目安は?

ISO・絞り・シャッタースピードの関係とは?

 

言葉で説明するよりも分りやすいと思うので、下の図を参考にご覧下さい。

ISO

このように、それぞれの要素の数字の大小で明るさが決定します。

例えば、

①ISO:800、絞り:F4.0、SS:1/60

 

②ISO:100、絞り:F8.0、SS:1/125

このふたつの設定であれば①のほうが明るい写真に仕上がるということになります。

注意
ただし、これはあくまで数字上の話です。たとえ同じ数字であっても室内で撮るのと、快晴の屋外で撮るのでは全く明るさが異なってきます

写真が明るすぎるときの調整方法

写真が明るすぎる場合の調節方法の一例です。

①ISO感度を確認し、下げられる場合は下げる

 

②被写体が動かないものの場合は、シャッタースピードを速くする

 

③背景がそんなにボケなくてもよければ、F値を大きくする(絞りを絞る)

撮りたいものや撮影環境によって異なりますが、①から順にやってみてください。

写真が暗すぎるときの調整方法

写真が暗すぎるときの調整方法の一例です。

①ISO感度を上げる(画質が悪くなるので、ISO3200-6400を上限に)

 

②シャッタースピードを速くする

 

③背景がボケてもいい場合、F値を小さくする(絞りを開放にする)

こちらもあくまで一例です。試してみてくださいね。

ISO・絞り・シャッタースピードの関係をマスターしよう!

ISO

3つの要素の関係についてご紹介しました。

写真が暗すぎる・明るすぎるときには上の表を思い出し、どの数値を動かしたらいいのか、考えてみて下さいね。

これを理解していれば、撮影中に白飛びや黒つぶれで困ることはありません!

ぜひ活用してみてください。

また、設定値の目安を「【保存版】カメラ設定に困ったときに見てほしい設定値の目安」のページでまとめています。

こちらもあわせて確認してみてくださいね。

次におすすめの記事>>>カメラ初心者がまず学ぶべき10のこと。カメラの使い方と基本知識。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。