マニュアル(M)モードの使い方【カメラ初心者でもできる!】

manual-mode

 

カメラ初心者がカメラを触らなくなる理由のひとつが「思ったような写真が撮れないから」。

せっかく手に入れたカメラなのに、納得のいく写真が残せず、だんだん使わなくなりいつしかインテリアになっている・・・

そんなもったいないことになりたくないですよね。

 

今回はそんなお悩みを解決すべく自分好みの写真に近づける「マニュアルモード」の使い方についてご紹介します。

難しそう、と思われがちのマニュアルモードですが、ポイントさえ押さえれば誰でも簡単に撮影ができるようになります。

カメラ設定をいちから自分でやってみたい!

AvモードやTvモードから卒業したい!

マニュアルモードにチャレンジしてみたい!

そんな方も、ぜひ参考にご覧ください!

 

マニュアルモードと他のモードとのちがい

heian-shrine

カメラには

・マニュアル(M)モード

・プログラムオート(P)モード

・絞り優先(Av)モード

・シャッタースピード優先(Tv・S)モード

の4つがあります。

それぞれのモードの特徴は、以下のページでまとめていますので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

【P・M・Tv・Av】4つのモードの特徴を理解して使いこなそう!

2018.06.05

マニュアルモードは全部自分で決めるモード

この4つのモードの中でもマニュアルモードは、すべてのカメラ設定値を自分で決められるという特徴があります。

逆に、設定値の目安がわかっていないと使いこなせないモードということもできます。

つまり、設定値さえ理解できていればカメラ初心者でも使えるのがマニュアルモード。

設定値はどうやって決めるのか

「設定値さえ理解できれば」といわれても、その設定値がわからないのに・・・

と思った方もこれから説明していきますのでご安心ください。

設定値は「ISO×絞り×シャッタースピード」の組み合わせで決定します。

この3つの要素の値が上下することで、写真の明るさが変わってくるのです。

iso-f-ss

シャッタースピードは分母の数字のことです

上の表を参考にご覧ください。

ISO→大きければ明るく、小さければ暗くなる

絞り→大きければ暗く、小さければ明るくなる

シャッタースピード→分母が大きければ暗く、小さければ明るくなる

何かを覚えるのが苦手だ、という方もこの法則だけは覚えておきましょう。

くわしい設定値の目安を以下のページでまとめています。

困ったときにはこのページを教科書にしてくださいね。

【保存版】カメラ設定に困ったときに見てほしい設定値の目安

2018.04.06

では、具体的なマニュアルモードの使い方を説明していきます。

 

絞りの値を決める方法

maple

「ISO・絞り・シャッタースピード」の中で、まずは絞りの値の決め方を説明します。

絞りはボケ感を決定する役割

絞りは写真のボケ感を決定する役割があります。

写真の背景をぼかしたときは小さめの数字(~F4.0)、全体的にはっきりさせたい場合には大きめの数字(F8.0前後)に設定しましょう。

被写体別の目安

・ポートレート→F4.0以下

・花や植物→F4.0以下

・建物や建造物→F4.0~F8.0

・人物の集合写真→F8.0以上

・花火→F8.0以上(暗い色の花火のときはもう少し下げる場合あり)

特にポートレートや花の撮影の場合には、絞りの値をなるべく小さくして背景をぼかすことで主役が引き立ち玉ボケも入ったきれいな写真に仕上がります。

 

シャッタースピードの値を決める方法

portrait

つづいては、シャッタースピードの値を決める方法です。

シャッタースピードは動きを決める役割

シャッタースピードは、被写体の動きを決める役割があります。

動いている被写体の動きを止めてみせたい場合は分母を大きめの数字、動きをそのまま表現したい場合は小さめの数字に設定しましょう。

また、シャッタースピードは絞りとISOの値を決めた上で、写真の明るさを最終的に調節する場合にも使います。

写真が暗ければスピードを遅く、明るければ早くすることで明るさの調節もできるようになっています。

被写体別の目安

・走っているこどもなど→1/250以上

・ゆっくり動いている人物→1/125以上

・川や滝などの流れ→3秒以上

・花火→20秒程度(三脚ありの場合)

シャッタースピードは遅ければ遅いほどぶれやすくなるので、遅めの設定にする場合には三脚の使用がおすすめです。

三脚がない場合には、置ける場所を探して支えながら撮影しましょう。

 

ISOの値を決める方法

tree

つづいて、ISOの決め方を説明します。

ISOは写真の明るさを決定する役割

ISOは写真の明るさを決める上で欠かせない役割をもっています。

ISOの値が小さいほど暗く、大きいほど明るくなります。

明るさを調整できるISOですが、どんな撮影の時でもできるだけ小さめの数字にしておきましょう。

その理由は、ISOの上げすぎは写真のノイズ(画質が悪くなる)につながるため。

基本はISO100から400で、マックス1600まででおさめるように気をつけましょう。

環境別の目安

・晴天時の外→ISO100

・曇天時の外→ISO200~400

・室内→ISO400

・暗い室内ISO800~1600

・花火→ISO100~200

先ほどもお伝えしましたが、基本的にはISO100と考えておいてください。

暗い場合にはシャッタースピードを遅くするなどして調節してみましょう。

 

【被写体別】カメラ設定値の考え方

portrait

 

最後に、被写体ごとにどうやって設定値を決めるかを説明していきます。

すべて晴れた日の屋外を想定した設定でご紹介しますね。

ポートレート・お花

①ISOは100にする

②絞りは小さめに(F1.8~4くらい)

③シャッタースピードは1/800~1/2000くらい

④撮ってみて明るい・暗いがあればシャッタースピードで調整する

動くこどもの写真

①シャッタースピードは1/125以上に設定

②ISOは100にする

③絞りはF5.6以上

④撮ってみて明るければシャッタースピードを早くする

暗ければISOの値を少し大きくする

建物・風景

①ISO100にする

②絞りはF4.0以上

③シャッタースピードは1/500~1/2000くらい

④撮ってみて明るい・暗いがあればシャッタースピードで調整する

 

マニュアルモードが使えれば、臨機応変に撮影できる!

sunflower

マニュアルモードを使うために必要な、カメラ設定値の考え方と目安についてご紹介しました。

マニュアルモードを使いこなせるようになれば、どんな環境でもその場にあった設定を瞬時に判断できるようになります。

「難しそうだな」と思わずに、どんどん撮って慣れていきましょう。

撮影回数を重ねることが上達への近道です。

「自分にはまだ無理」だなんて思わずに、ぜひマニュアルモードにチャレンジしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。